FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊と呼ばれた男

今回担当します、鶴田です。

本来ブログの更新は毎週のつもりでいるのですが、最近は2週間空いたり、1か月空いたりで引継ぎがうまくできていないのが現状です。
これも、問題点の一つかなと反省しています。

以前に映画の「永遠の0」の話題がありましたが、今回は同じ作者「百田尚樹」さんの「海賊と呼ばれた男」の本を読んでのお話です。皆さんは読まれましたか?

出光興産の創始者を、主人公である(国岡商店の店主 国岡鐵造)におきかえて生きざまを描かれています。
明治、大正、昭和の時代で、戦争で明け暮れている動乱の時期に、主人公の鐵造は商才を発揮していきます。

本を読んでいくと、会社を経営していく中で参考になることがたくさんあります。
社員さんは家族同然であるという考え方や、経営が苦しくなった時でも社員を一人も首にすることなく創意工夫し、人材育成に徹して会社を存続させていくことや、決して諦めない強い意思、また創業当時からぶれない信念を持って、戦前、戦争中、戦後を経験し、戦後のすべてを失った日本のことを常に考え、先見の明を持ち合わせ当時から石油に目をつけて会社経営をしていかれました。

なんせ人望が厚く、人を引き寄せるかたでした。
主人公の人間性は素晴らしいものがあり、人としてみならうべき点が多く、考えさせられる本です。
上下巻からなる読み応えのあるお薦めの本です。

本を読むことが少なくなってきたという方が多いと思いますが、映画もいいけど、ぜひ皆さん本も読んでください!

コメント

Secret

プロフィール

鶴田商店

Author:鶴田商店
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。