スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真心を尽くす

こんにちは  
梅雨に入り毎日ジメジメ暑い日が続きますが、皆さまくれぐれも熱中症にはお気を付け下さい。

日曜日の番組で『天皇の料理番』というドラマをご覧になってましたか?
宮内省大膳職司厨長 秋山徳蔵氏をモデルに書かれた原作小説をドラマ化した物語ですが、打ち込めるものがなかった徳蔵氏が、料理に目覚め下っ端の修業時代からフランス修業時代と、今の時代では考えられない苦労をされて宮中で天皇陛下の料理番を務めあげられたお話です。
人の役に立つ仕事したかった兄が、料理人を目指す弟に夢を託し、天皇の料理番になった弟を誇りに思いながら亡くなられ、その兄の為にも、料理番であり続けるため、GHQから処罰される天皇陛下を助けようと上司を説得するときに、「自分はただの料理人だが、毎日料理を作ることで、料理を残されたときに体の具合が悪いのではないか?何か気分がすぐれないのだろうか?」と思いを込めて仕事をしてきたと訴えるところは、主婦が家族のことを思いながら料理を作るのと同じように心を込めて仕事をされていたのだと胸が詰まる思いでした。
天皇陛下であっても、人と人とのつながりなんだなあと思うお話でした。

コメント

Secret

プロフィール

鶴田商店

Author:鶴田商店
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。