スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジリボン運動

こんにちは、3ヶ月ぶりの鶴田です。

先日の講演会のの話ですが、大阪で映像制作会社を営む女性社長の講演会に参加してきました。
「子供虐待をなくしていこう」として自らの虐待経験を通し、活動されておられます。
感動の講演でした。本当にこんなことがあるのかと目を疑うようなことの話でした。

4歳で両親が離婚し、兄2人と児童擁護施設へ送られ、7歳のころ父が継母と迎えに来たときから、虐待が始まった。その壮絶な仕打ちの内容は、「e love smile ~いい愛の笑顔を~」を読んでいただければ・・・

虐待方法は悲惨なものです、殴る蹴る、夜中に正座して眠らせない、ずっと立ちっぱなしの刑、食事に抜きの刑、満足に食べることもできず、丸坊主にさせられたりなど体罰だけでなく、ひどい精神的な虐待、挙げ句の果て包丁を手にした父に追いかけられ、裸で外に逃げることも。頭を湯船に沈められた時と首を絞められた時は、2度死にかけたこともあったそうです。

今、死ななくてこの世に生を受けていることに感謝し、自分自身の虐待経験を通し 子供虐待防止オレンジリボン運動に取り組んでおられます。

オレンジリボン運動は、子供虐待の現状を広く社会に知らせ、子供を救うため”ひとりひとりにできること”を考え行動しよう、虐待を受けた子供たちが幸福になれるように、という気持ちが込められています。未来を担う子供たちへの虐待が起こらない社会をつくり、みなさまの協力のもと、推進していきましょう。という趣旨です。

現代社会においては、虐待の背景には、貧困、ストレスなど大人が病んでいるように思えます、「大人の心が助かれば、子供は助かる」のです。


私は、環境理念の中で、「未来の子供たちに健全な姿で引き継がなければならない地球環境に思いを馳せ、鶴田商店は、廃棄物再生処理業としての社会的責任を強く認識し、資源の有効利用とリサイクルの推進を計ります。また、環境への配慮と保全に取り組み、地域社会に貢献していきます。」を掲げています。

仕事を通して何ができるかだけでなく視野を広く持ち、少しでも協力していきたいと考えています。

みなさんも、自己の存在価値を高めるためにも、自分自身に人・社会のために何ができるのかをもう一度考えて見てはいかがでしょうか?

コメント

Secret

プロフィール

鶴田商店

Author:鶴田商店
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。